次回ライブ

■次回ライブ■
2017年12月19日(火) 下北沢BIG MOUTH

2014年6月21日土曜日

6月16日新宿Marz

月曜日の18時半に歌うという状況は自分にとって初めてのものでしたが、お客さんが居ないだろうというのは明らかだったので、何をテーマに集中して演奏するかを考えさせられた日でした。会場には17時に入りリハーサルを終えて、歌舞伎町入口のマクドナルドにて少々時間を潰したら、まだまだ外は明るいというのに出番の時間がやってきました。

お客さんは片手で数えられるほど。それでもこの日からマーチンD28という素晴らしいギターを借りて使わせて貰っていたので、ギターを十分に響かせて、新しい曲、珍しい曲に挑戦してみることにしました。

演目
1 ホクロとコスモス
2 珍しい事を言うね
3 葬送行進曲
4 選挙
5 嘘っぱちナポレオン
6 暗闇に火をつけて

最初の2曲は新曲です。2曲目は苦手なフィンガーピッキングの曲だけど、さすがマーチンのギター、弾きやすくて凄く上手くいったと思います。

葬送行進曲というのは、quizmasterというバンド時代の曲。もう7年くらい前のものです。台湾の親友の1人で、これまでにであった最も聡明な女性の1人であるシーチーという子と話していたことがテーマになっていた気がします。この曲の中に「なんでも憧れただけにすれば楽になれるのに」という一節がありますが、久々にこの曲を歌ったら、ずっと自分の言っている事って変わっていないなあと気づかされます。楽になる方法は分かっている、でもそうすることが出来ない。自分を剥き出しにして世界の中で屹立するというのは、常にしんどい事なんですよね。そこから、僕は、逃げるわけにはいかない。そんな僕の事を誰かがお祈りしてくれています。僕もそんな風に踏ん張っている他の誰かの事をお祈りします。

祈りは
自分以外の
大切な人への
朝露のマーチ

これがこの曲の最後の節でした。



この日の出演者にはカラオケで歌う2人の女性アイドルが居て、胸が痛くなった。芸能界というのは金と暴力と性の臭いがして、それがとっても新宿的で、このライブハウスの地下にも蔓延していました。

0 件のコメント: