次回ライブ

■次回ライブ■
2017年12月19日(火) 下北沢BIG MOUTH

2016年6月23日木曜日

「新しい国とTシャツとわたし」後書き(2005年台湾ツアードキュメンタリー再掲載)

というわけで、実際2005年に書いた台湾ツアー日記はここから先、THE WALLでの1976とのライブ、高雄で行われたSay Yes To Taiwan Festivalの模様へと続いていました。

更新に時間がかかったという理由もありますが、2016年の今年、台湾ツアーへ出かける前日に、人生初の台湾ライブの模様をアップするタイミングを迎えたということ、そこには何かしらの意味があるように思いました。

明日からのツアーで初の台湾ライブをする人もいる。
何度も台湾でライブをやって、喜びも失望も味わった人もいる。
同じ仲間内にいながら、どういう人生の岐路を経たのか、それぞれに違うバンドで台湾に辿り着く人もいる。

全ては、実際に台湾で音を出してみて、自分自身がどう感じるか、それだけなのでしょう。
だから、今回連続掲載したこの台湾日記は、とりあえずここで終わりです。
この続きは、今年のツアーを経験した皆が、それぞれ自分たちの言葉や音で語り始めることでしょう。

自分を含めて、皆がこれからどのような道を進んで行くのか、とても楽しみです。

最後に、今回台湾ツアーを実行するきっかけは、2005年の話にも登場した「小雷」という女の子が、留学先の日本で出会ったスペイン人のCHEMAと結婚式を挙げることになったことです。20代の半ばで出会い、日本、台湾、他色々なところで、お互いに心の友として青春を過ごしてきた仲間の結婚式です。2人を祝福することが、僕の本当の目的です。

そうではあっても、せっかく台湾に行くのだからライブを企画したいという、ややもすると図々しい感もある僕の想いを、快く受け入れてくれた小雷とCHEMA、本当にありがとう。
そして心より結婚おめでとう。2人の晴れ姿をとても楽しみにしています。

それから、今年のツアーでも何から何まで色々と手配協力してくれた林雨霖、10年前から今まで、そしてこれからも永遠に感謝です。すぐ、会いましょう。



0 件のコメント: